ブログトップ

でこぼこギフテッド

dkbkgifted.exblog.jp

現在カリフォルニアに赴任中の日本人家族です。最近ギフテッドと分かったばかりの5歳の息子との日々を綴っています。

音楽のギフトと可能性

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
↑ 応援お願いします



世間一般では、

音楽の才能=楽器の演奏能力(または声楽の歌唱能力)

という解釈がメジャーだと思いますが、
実際には、作曲やDJなど色々な職業があるなかで、
演奏または歌唱能力だけでは測れない音楽の才能の可能性について調べてみたところ、

Helen Lancasterという方の『Identifying the Gifted in Music』という文献のなかで、<musically-talented と musically-gifted>は意味が異なるという前提を唱えたうえで、実際のパフォーマンスによるアセスメントに頼らない、Musical Potential Assessment(音楽的可能性のアセスメント)について述べている箇所を発見しました。

Possible Indicators of Musical Giftness in Young Children
(音楽系ギフテッドの子どもの特徴)

- perfect or absolute pitch (絶対音感)

- ability to correctly reproduce melodies (メロディーを正確に再現する)

- interest in musical instruments (楽器への興味)

- well-developed sense of rhythm (リズム感の良さ)

- ability to harmonize without training or with training at an early age (和音を見つける)

- fascination with the masters of music (作曲家や演奏家への興味)

- ability to play an instrument by ear (耳コピで楽器を演奏する)

- ability to play an instrument without formal instruction (レッスンを受けずに楽器を演奏する)

- composition of songs (作曲)

- ability to identify musical instruments by sound (楽器の音を聞き分ける)

- deep, passionate love of music (音楽への愛♡)

- ability to read music without training (レッスンを受けずに楽譜を読む)

- fascination with, or gravitation toward music (音楽への傾倒)

- emotional involvement with music (音楽への感情的関わり)

- extreme sensitivity to music (音楽に対する繊細さ)

- commitment to practice (練習へのコミットメント)

- desire to perfect performance (完璧な演奏を目指す)


こうして見ると、まさに我が家のレオに当てはまるわけです。
レオの場合、手先の不器用さもあって、実際に楽器(バイオリン)のレッスンを開始したのが、つい4か月前。しかしながら、もっと幼い頃から、音楽への強い興味と耳の良さを示していました。

2歳代でオーケストラの楽器の名前を覚え、楽器の音を聞き分けていましたし、作曲家に興味を抱き始めたのもこの頃です。(楽器の興味は、その後、オーケストラ以外の世界中の楽器に向かい、私が知るほとんどは名前と音を覚えていると思います。作曲家への興味と知識も継続&増大中。)

絶対音感は、3歳くらいの時点で、既に持っていたと思います。お皿をフォークで叩いて、「ミミミミ~だよ」と言っていました。(今では、ドレミだけでなく、CDEでも言えるようになっています。)

耳コピでピアノを弾いたり、楽譜を勝手に自分で読み始めたのももちろんですが、

やはりびっくりするのは、メジャーなオーケストラ楽曲の楽器のパートを細か~く覚えていて、すぐにその記憶を取り出せるところです。

つい先日、スメタナの「我が祖国」のモルダウという曲を聴きながら、レオがベルを鳴らしていたのですが、それが、普通、よっぽど気にして聴いていないと分からない、「トライアングルのパート」(@_@)。それを全て一瞬も間違うことなく覚えていて、それに合わせてベルを鳴らしていたのです。



↑耳って不思議なもので、気づいてしまえば。。意外にこの「トライアングル」目立ってる。。(@_@) でも私、この曲大好きでずっと聴いてたのですが、トライアングルの音なんて気にしたことなかったです。。

また、少し前に、バレエ「くるみ割り人形」好きのレオに、ふと尋ねてみた質問、

「<中国の踊り>の曲で低いスタッカートの音って、あれ、何の楽器だっけ?」と私。もちろん、音楽をかけていない、シーンとした無音状態のときに聞きました。

「ファゴットだよ」とすぐに答えるレオ。

確かに言われてみればそうなのですが、この曲はピッコロのメロディーがあまりにも強い印象なので、実際に曲を聞くことなく、記憶から音を引き出してきてすぐに楽器の名前を言える能力ってすごいなぁと思いました。



この能力、なかなか学問には活かせそうにないし、指揮者にでもならない限り、ただの趣味で終わってしまいそう。。。

でも、まぁ、人生そんなものかも、とも思いつつ、

私はキミが将来オーケストラでトライアングル弾く人になってもいいよ♡
(というか、立派なお仕事だと思ってます、ハイ)

と、大きな心で子育てしたいと思いまーす^^


↓ 応援お願いします
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by RYLEO | 2013-02-17 15:00 | ギフテッド